神奈川レディースクリニック

不妊症・不育症・不妊治療(人工授精・体外受精)の総合クリニック
医療法人社団 樹慶会 神奈川レディースクリニック公式サイト | 横浜市

045-290-8666(診療時間内受付)
loading

当院からのお知らせ

2019/02/28

泌尿器科男性不妊専門外来(第1,3,5土曜日・第4日曜日)                        ORP検査・DFI検査について

不妊症の原因は、実は女性だけではなく男性の原因が半分近くあります。ご夫婦で一緒に治療を受けることが大切です。
当クリニックでは、予約制にて男性不妊専門外来を開設しております。完全予約制となります。受付、またはお電話にてご予約下さい。
<担当医>   第1土曜日  竹島先生、   第3土曜日  黒田先生、   第4日曜日  湯村先生、   第5土曜日  黒田先生

精液中酸化還元電位(ORP)検査
酸化ストレスは精子にダメージを与えると言われています。ORP検査は精液の参加還元電位を測定することで、精液中の酸化ストレスの強さが分かる検査です。この検査は、説明がつきにくい不妊、体外受精や顕微授精で結果が出ない場合に有効と考えれています。

DNA断片化指数(DFI)検査
精子が酸化ストレスなどのダメージを受けることで精子のDNAが損傷することがあります。精子の中のDNAの状態を調べ、どの程度の割合で精子のDNAが損傷しているのかを調べる検査です。
損傷したDNAを持つ精子の割合をDNA断片化指数(DFI:DNA fragment index)と言います。通常の精液検査で異常がない方でも精子のDFIが高い場合では、受精率や妊娠率が低くなったり、流産率が高くなったりすると言われています。

このページの上へ