神奈川レディースクリニック

不妊症・不育症・不妊治療(人工授精・体外受精)の総合クリニック
医療法人社団 樹慶会 神奈川レディースクリニック公式サイト | 横浜市

045-290-8666(診療時間内受付)
loading

流産を繰り返さず、出産へと導くために。

KLC(神奈川レディースクリニック)の大きな特徴が、不妊から不育までを一貫して行う治療体制。
妊娠だけではなく、確かに育っていくのを見届けてこそ、患者様のためだと考えています。
そして、患者様の体調や状況、ご希望を最優先し、ひとり一人に最適な治療を提供するのが、KLCの姿勢です。
不育症は不妊症に比べて情報が少ないために不安も大きいと思いますが、
疑問や悩みを気軽に打ち明けられる個別相談もありますので、納得と安心の元に治療を進めていただけます。

不育症(習慣流産)とは?

妊娠した喜びもつかの間、自然流産を繰り返し、なかなか出産までたどり着けない場合を「不育症」といいます。
その中でも妊娠22週未満で3回以上流産を繰り返す場合を「習慣流産」と呼びます。
流産には避けられない流産もあり、初期流産の原因の60〜70%は胎児の染色体異常によるものとされています。
「不育症」の原因はさまざまで、それを検査し、避けることが可能な流産には、
流産を防ぐための治療や精神的サポートを行っていきます。

不育症・習慣流産の検査

KLCでは、22週までの流産を2回以上繰り返すカップルを対象に、原因と特定する各種検査を行っています。
原因で最も頻度の高いものは、胎児の染色体異常です。
それ以外の原因には、抗リン脂質抗体、血液凝固系異常、子宮形態異常、 甲状腺機能異常、夫婦染色体異常などがあり、
検査をしても明らかな異常が判らない方もいます。

当院での不育症の治療と検査

  • 黄体機能不全、高プロラクチン血症、甲状腺機能異常、糖尿病(インスリン抵抗性も含む)などの治療と管理。
  • 血液凝固系異常に対する低用量アスピリン治療。
  • ピシバニール療法
  • 精神的サポート(個別カウンセリングなど)
  • 妊娠成立後も不安や心配なことがあれば、いつでも相談に応じております。

初診時

不育症の原因を探る基本的な検査です。いずれの検査も、保険適応となります。

1)血液一般検査  
2)甲状腺機能検査(T3・ T4・TSH)  
3)卵巣機能検査(E2・P・ PRL)   
4)リュウマチ検査(ASLO・ RAテスト・LEテスト)抗核坑体  
5)ウイルス抗体価測定(サイトメガロ・風疹・単純ヘルペスⅠ・Ⅱ・帯状ヘルペス・トキソプラズマ
・マイコプラズマ・クラミジア)
 
6)細菌学的検査(子宮膣部細菌培養)  

特殊検査

初診の様々な検査の結果を元に、さらに原因を特定していくための検査です。人によって必要なものと必要でないものがあり、ひとり一人の患者様にとって必要な検査をご提示し、納得いただいた上で検査します。 多くの検査が保険適応外ですので費用負担は大きくなりますが、安心して妊娠に臨むために必要な検査です。


夫婦ともに受ける検査

※金額は2人分
7)抗HLA抗体《予約制》 ...16,200円
8)夫婦染色体検査 ...44,000円

女性用検査

9)NK細胞活性 ...6,500円
10)坑リン脂質抗体検査(カルジオライピン IgG抗体) ......690円
11)カルジオライピン IgM抗体 ...6,500円
12)抗PE抗体 IgG抗体 ...5,400円
13)抗PE抗体 IgM抗体 ...6,500円
14)XII因子 ...2,200円
15)プロテインC ...3,500円
16)プロテインS ...2,800円
17)ループスアンチコアグラント ...1,350円
18)空腹時血糖検査(検査を受けられる際は朝食を抜いてご来院ください) ...510円

随時検査

女性の場合は月経周期に合わせて変化する子宮やホルモンの状態、男性の場合は体調によって変化する精子の状態、そのほか、治療の経過などを調べる検査です。時期や必要に応じて、随時行います。いずれの検査も、保険適応です。

19)子宮内膜検査
20)月経血結核菌培養検査
21)子宮卵管造影検査
22)精子検査
23)糖負荷テスト
24)ホルモン負荷テスト
25)子宮鏡

免疫学的不均衡による流産の治療

原因不明習慣流産の患者様の中には、免疫学的拒絶による流産が考えられます。 一般に妊娠が成立すると、母胎にとって胎児が半分異物(妻への受精卵=半分夫の遺伝子)として認識されることで、 拒絶されずに赤ちゃんが育っていくことができます(臓器移植とは異なります)。 これらの免疫反応がうまく働かない場合、流産の原因になるといわれています。 KLCでは胎児が拒絶されることなく妊娠を維持するための治療として免疫療法を取り入れております。 なお、免疫療法による出生児の追跡調査では、特記すべき異常は出現していません。

免疫治療の流れ

OK432(ピシバニール)療法 1回あたりの治療費:11,000円
  • NK細胞活性が高い方に対して、免疫賦活補助剤であるOK432(ピシバニール)を投与(皮下注射)し、NK細胞活性を正常化して妊娠の維持をはかります。OK432は、妊娠前後の同種免疫応答能を高め、NK細胞活性を正常化して免疫学的妊娠維持機構を正常に機能させると考えられています。
  • 初回治療後1ヶ月後に再検査を行い、NK細胞活性の値が低下していない場合は、再治療を行います。
  • 重篤な副作用はありませんが、注射部位の発赤や疼痛、注射後1~3日間の発熱などを起こすこともあります。
  • ペニシリン系抗生物質に過敏症の方は受けられません。
このページの上へ