神奈川レディースクリニック

不妊症・不育症・不妊治療(人工授精・体外受精)の総合クリニック
医療法人社団 樹慶会 神奈川レディースクリニック公式サイト | 横浜市

045-290-8666(診療時間内受付)
loading

高度な技術を要する体外受精、
患者様の適確なサポートも行っています。

KLC(神奈川レディースクリニック)は、患者様の体調や状況、そしてご希望を尊重し、
ひとり一人に最適な不妊・不育治療を行うクリニック。体外受精についても、この姿勢は変わりません。
高度な技術や複雑な治療を要する体外受精では、患者様の身体的・精神的な負担が大きくなりがちですが、
KLCでは治療の各場面で適確なサポートを心がけています。
治療の過程で生まれる様々な疑問や悩みを気軽に打ち明けられる個別相談もありますので、
必要に応じてご活用ください。

体外受精とは?

体外受精とは、体外に女性の卵子を取り出し、パートナーの精子と一緒にして受精させ、
できた受精卵を子宮に戻して着床を促す治療です。

体外受精を行うケースとは?

タイミング療法や人工授精からのステップアップや、
体外受精でしか妊娠できないと判断された方(卵管性不妊や重度男性不妊など)

体外受精の流れ

基礎体温と体外受精の大まかな流れ

採卵・採精までのスケジュール 卵巣刺激 (排卵誘発) 卵巣刺激 (排卵誘発) 採卵・採精 受精 胚培養 胚移植 黄体ホル モン補充 妊娠判定

卵巣刺激(排卵誘発)

妊娠の確率を上げるために必要な最初のステップです。
より多くの卵子を十分に成熟させて採卵するため、ホルモン薬(飲み薬と注射)で排卵をコントロールしながら行います。
ホルモン薬の種類や投与方法などによって様々な方法があり、個々の卵巣の状態や患者様の希望に合わせて決定していきます。

卵巣刺激の方法と特徴

卵巣刺激の方法と特徴

当院の卵巣刺激選択比率

当院の卵巣刺激選択比率

KLCでは、患者様のご希望と年齢や体質的な適・不適合などによって、卵巣刺激の方法をご提案しています。
ショート法とロング法は、一度に採卵できる卵子の数は多いのですが、その分身体的な負担も大きいため、年齢的に実施できない場合もございます。

採卵・採精

成熟した卵子を排卵日の直前に体外に取り出します。この採卵と同じ日に採精も行い、受精の準備を整えます。

採卵日決定 〜 採卵・採精までのスケジュール

採卵・採精までのスケジュール

受精

採卵した卵子を培養液の中で確認し、採精した精子は運動性の高い精子のみを取り出し、卵子と精子を一緒にして受精させます。体外受精での受精方法は、下記の2通りがあります。

体外受精

シャーレ上で卵子と精子を出合わせる方法。精子が自ら卵子に侵入することで受精が起こります。

顕微授精

顕微鏡下で、細いガラス管を用いて精子を卵子に注入し受精させる方法。
精液所見が不良な男性不妊症や体外受精では受精卵を得られない場合に行います。
顕微鏡下で精子を高倍で観察し、形態を確認後顕微授精に用います。
また、当クリニックでは紡錘体(Spindle)を観察することができる機器を導入してより安全で確実な顕微授精を目指しています。

胚培養

体外受精・顕微授精、各受精法で得られた受精卵は、専用の培養液で培養します。
受精卵は、細胞分裂を開始すると「胚」と呼ばれます。通常移植されるのは、受精してから2〜3日後、もしくは5日目になります。
その期間、インキュベーターと呼ばれる温度とガス濃度をコントロールし、体内と似た環境を作ることができる機械の中で培養します。

胚移植

原則1個の胚を、子宮内に移植します。胚移植にはいくつかの方法があり、胚の質や患者様のご希望・ご都合に合わせて選択します。

分割期胚移植

受精後2〜3日の分割期胚を移植する方法で、古くから行われている方法です。

胚盤胞移植

受精卵を5〜6日培養し、「胚盤胞」と呼ばれる着床寸前の胚を移植する方法です。
移植あたりの妊娠率は分割期胚移植より高いと言われています。

二段階移植

分割期胚と胚盤胞を同じ周期で連続して移植する方法です。
最初の移植胚が子宮内膜を刺激し、次に移植する胚盤胞の着床率を改善する効果があるとされています。
ただし、双子など多胎妊娠の確率が高まります。

各移植をサポートする方法

着床率を高める
アシステッド・ハッチング

ハッチングとは、孵化の意味であり、ヒトの卵も透明帯と呼ばれる卵の殻にあたる部分から孵化し着床に至ります。 体外受精で妊娠しにくい理由の一つに、透明帯が厚く硬いために孵化が起こりにくく、その結果着床が妨げられている可能性が考えられています。
アシステッド・ハンチングは、透明帯を薄く、もしくは開孔し孵化を促す技術です。 針でスリットを作る機械的な方法や薬剤で表面を溶かす化学的な方法などありますが、 KLCでは最も胚を傷つける心配のないと言われているレーザー法を採用しています。

妊娠率を高める&次回の治療を軽減する
凍結融解胚移植

受精卵(胚)を凍結保存し、融解後胚移植する方法です。
実は、子宮というというのは着床できる時期が限られており、その期間を逃すと良好な胚を移植しても着床しづらくなると言われています。つまりは、妊娠というのは着床し得る期間・環境の子宮に着床し得る胚を移植しなければ成立しないという事です。凍結融解胚移植は、その期間をきちんと考慮し移植を行えるため、妊娠率が向上するとされ、現在日本では盛んに行われている移植法です。
受精卵(胚)の凍結保存は、移植胚以外に複数の良好胚が育った場合や、妊娠成立による副作用(OHSS)の重症化予防、妊娠率の向上など、その目的は幾つかあります。凍結することによる受精卵(胚)へのダメージをわずかながら認める場合もありますが、次の治療では卵巣刺激から胚培養までのステップを行わずに胚移植ができるため、身体的にも経済的にも負担が軽減され、有益な方法といえます。

数回に渡って:黄体ホルモンの補充

着床率を高めるために黄体補充療法を行います。

妊娠判定

  • 胚移植から約2週間後に尿判定を行います。
  • 判定前に出血などがあっても、自己判定せず必ず「妊娠判定」にはご来院下さい。

KLCは、下記臨床に関する実施の登録医院です。

  • 体外受精・胚移植およびGIFTの臨床実施に関する登録
  • ヒト胚および卵の凍結保存と移植に関する登録
  • 顕微授精の臨床実施に関する登録

日本産科婦人科学会への報告実施と個人情報について

  • KLCは、生殖補助医療実施施設として日本産科婦人科学会に登録しています。
  • 日本産科婦人科学会では、生殖補助医療を受けた方について報告することが義務づけられており、KLCで生殖補助医療を受けた方についても症例報告をさせていただいています。
    その際、個人情報につきましては、十分な配慮(個人が特定されるデータとしないなど)をし、不正な目的での使用がないことをお約束します。
このページの上へ